トップページへ戻る > 身体に大事な水

身体に大事な水

人間の60%が水だと言われています。赤ちゃんの時期には、80%が水です。老人になるにつれて水の量が減っていき、年配になれば、50%まで無くなってしまいます。成長をすると共に、身体には脂肪がついていきます。脂肪が付いてしまった分、水分も無くなってしまっているのです。男性と女性によっても水分の減り方に違いがあります。どうしても女性のほうが水分の量が減ってしまいます。男性は脂肪が付きにくいということもあるでしょう。水分が足りなくなってくると、お肌の衰えを感じるようになります。乾燥をしてきたり、ハリ、コシがなくなってきたり、心当たりのある部分が出てくるものです。このような悩みを増やさないためにも積極的に水を飲むようにしましょう。

関連エントリー

Copyright © 2010 ウォーターサーバー天然水ガイドin新潟県. All rights reserved